セミナーの様子、報告

第93回 モーニングセミナー 開催報告


■日時 : 2009年8月5日(水) 開催
■場所 : 成田製陶所

セミナーの様子、報告倫理研究所 東海北陸副方面長 泉憲治様に前日に引き続きご講話いただきました。「捨てきる」がそのテーマです。成功の道標が万人幸福の栞の「捨我得全」(86p)に書いてあるそうです。@「気づいたらすぐする」ことが物事を成し遂げる秘訣である。・・、十分にA研究調査し、B準備を完全にして、・・C一気呵成にやってやりぬく。Dおしておして押し通す。・・、何度もE何度もくりかえし、・・。また最初F失敗すること、・・Gきれいさっぱり捨ててしまう。この8つが読み取れることはいわれてみてはじめて気が付きます。サラリと表面だけ読んでいては、感じ取ることが出来ない深さを感じました。泉講師は自分が倫理研究所に就職し、2年間の研修生活から学んだ、「捨我得全」をお話いただきました。
  入所に際し、最低限度必要なもの以外はすべて捨てて臨むことを求められるそうです。朝3時半の起床、みそぎを通して身を清め、掃除を通して心を清め、研修「新体道」を通して、体に入った力を捨てることを学ぶのだそうです。そして滝行 真冬に100メートル以上の落差のある滝に打たれる。そこは「冷たい、痛い、怖い」体験だそうです。しかし最大なのは怖い、つまり死への恐怖が最大なもののようです。その死の恐怖を捨てきった時、巡ってくるのは今までに出会った多くの人々の幸福を自然に願える自分だそうす。
  捨てきることの極意は他人の幸福のために自分を奉げきることにあることなのでしょう。
だからこそ、失敗や、捨てきることが成功への道標となるように感じました。

今回は、25社32名の参加でした。
次回は、8月12日(水)6:00〜7:00 成田製陶所食堂
会員スピーチ 浅野さん 菅沼さん 磯部さん です。

100人の経営者が真剣に取組めば、きっと瀬戸のためになる
瀬戸市倫理法人会 会長 成田 一成

只今会員募集中、お知り合いをお誘いください