セミナーの様子、報告

第85回 モーニングセミナー 開催報告


■日時 : 2009年6月3日(水) 開催
■場所 : 成田製陶所

セミナーの様子、報告私たちが毎週1回早朝より学ぶ意味について、改めて整理された思いで、今回の講話を聞きました。会社の経営者として、またリーダーとして、私たちの心のありようや、行動が大きく会社に影響を及ぼします。私たちは変えてはいけないもの(経)、環境や状況に応じて常に変えて行かなければならない手段(営)をしっかりと意識し、志を高く持って、倫理経営を実践していくことが必要なのでしょう。この時期、各地で倫理経営講演会が開かれます。そんな中で、伊藤副会長が参加され学ばれたことをご披露いただきました。「声をかける」(究極の注目がなければ、心に響く声は掛けられない。美点仰視)「約束を守るコツ」(約束を守りながら信頼を築くには、少し前に行う)「褒美がある」(倫理を学び、実践すると、自分に帰ってくるものがあることを感じられる)「夢七訓」渋沢栄一の言葉のようです。 (夢なき者は、理想なし/理想なき者は、信念なし/信念なき者は、計画なし/計画なき者は、実行なし/実行なき者は、成果なし/成果なき者は、幸福なし/故に、幸福を求める者は、夢なかるべからず 伊藤副会長ブログより引用) 夢とは志とも通じるのではないでしょうか。
そして、それを具体的に理解するための参考文献「小さなことから会社は変る」(経を理解するのに参考になる)「活力あふれる経営指針」(営を考え、具体化するために参考になる)を紹介いただきました。(ぜひ、ご一読ください)そしてそれを自社にひるがえってコメントをされました。「心の教育」「朝礼、基本動作の徹底」、まだまだとは言われますが、やれているからこそその深さと、目標の高さが分っていらっしゃるようです。 先ずは、私たちも「小さなことの実践」をはじめたいものです。

今回は、25社32名の参加でした。
次回は、6月9日(火)19:00〜20:30 ナイトセミナー パルティせと 4F
 「不況期における経営のポイント〜生き残りと成長を勝ち取る経営〜」
6月10日(水)6:00〜7:00 モーニングセミナー 成田製陶所食堂
 「やる気集団企業の作り方」
講師は、名南経営 取締役部長 亀井英孝様

100人の経営者が真剣に取組めば、きっと瀬戸のためになる 瀬戸市倫理法人会 会長 成田 一成