セミナーの様子、報告

第71回 モーニングセミナー 開催報告


■日時 : 2009年2月4日(水) 開催
■場所 : 成田製陶所

セミナーの様子、報告2月3日のナイトセミナー、今回のモーニングセミナーの講師は、名古屋西倫理法人会 会長の土屋 貴士様でした。ほのぼのとする人柄と、飾らない口調で、自分の取組んでいることや、仕事へのかかわりについてお話いただきました。人の前で話せなかったこと。大学を卒業して大阪の印刷会社で営業をしたけれど、電話にさえ出られなかったこと。そして、家業の印刷業についたものの、お父様が倫理に取組んでいるのを冷ややかに見ていたこと。
そんな話はちょうど自分の若かった頃にかぶって聴く事ができました。時を経るに従い、倫理とかかわるようになって生かされて生きる自分を身に付けられたようです。なってきたことは必要があって起きてくる、自分でできることはほとんどない、すべては与えられるものというように、捉えて生きる指針にされているようです。これを体得できていることが凄いことです。だから、売上の減少、社員の退社、見積の失注といった頭に血が上りそうなことにも飄々としていられるのでしょう。本は買うだけで積読(つんどく)、決意を書いたノートはどこかにいってしまう。そんな自分でいながら、あるがまま、なすがままの自分のことがいとおしいことが伝わります。
すべての事は帳尻が合うようになっている。自分の損得に走って行った悪事はバレるようになっているし、悪銭は身につかないようになっている。そしていいことをしていると誰かが助けてくれるように働く。そんなふうに土屋さんに話されると、妙に納得してしまいます。話は、人柄や、口調や、その人の持つ雰囲気を通して、体で聴くものだと思う講話でした。

ナイトセミナーは18名 モーニングセミナーは25社31名の参加でした。

来週2月11日(水)はお休みです。
次回は2月17日(火)19:00〜20:00 成田製陶所食堂 テキスト研修
2月18日(水)6:00〜7:00 成田製陶所食堂 モーニングセミナー
講師は 宮崎芳宏 倫理研究所名誉研究員 です。

100人の経営者が真剣に取組めば、きっと瀬戸のためになる
瀬戸市倫理法人会 会長 成田 一成