セミナーの様子、報告

第65回 モーニングセミナー 開催報告


■日時 : 2008年12月17日(水) 開催
■場所 : 成田製陶所

セミナーの様子、報告今回は「日日好日」のテーマで3名の方に委員スピーチをしていただきました。
高木さんは運送会社の社長さんです。朝5時に起きて出社し、トイレをはじめ事務所の掃除をされるそうです。倫理法人会入会前から朝起きの達人でした。駐車場にはいつも5、6個空き缶が落ちていたそうです。それを集めながら、考えたのが会社の外を掃除すること。 そして会社の左右に分かれて約2kmを掃除し始めたそうです。最初は12,13名の社員さんが言われてやっている状況だったそうですが、いつしか順番を決めユニフォームもきちんと着てするようになったそうです。今では周りにゴミがなくなったとのことです。おまけに社員さんの言葉遣いまでよくなったとのことです。1つの実践が次に続くのですね。
大竹路恵さんは、事務長として大活躍です。大竹さんにこんな人生があったのかと驚かされるスピーチでした。大変に苦労をされているのですね。いじめにあって家業を継ぐ決意をしたり、ご主人の事故死を乗り越えてお店の組織化を考えたり。でも、テーマどおり「日日好日」の考え方を身に付けられて実践されています。生き方自体が、「感謝と恩返し」そしていつも明朗、その裏にある強さとたくましさを感じました。〜過去からの「今」 未来への「今」〜「悲しさ」や「さみしさ」を体験し、「やさしさ」と「強さ」を培う 凄い生き方ですね。
黒崎さんは急遽ピンチヒッター。前日の夕方に頼まれて、この場に臨まれました。渋沢栄一の本から引用され、「学ぶこと、よい友を持つことが人生の楽しみ」であると紹介されました。今、倫理の純情(すなお)という言葉が好きになり、この言葉を大切に生きていきたいと思っているとのことです。倫理法人会と出会って本を読んだりよい友を得る楽しみを知られたようです。

今回は25社28名の出席をいただきました。

次回は12月24日(水)6:00〜7:00 成田製陶所 食堂
伊藤副会長の「日々感じること」です

100人の経営者が真剣に取組めば、きっと瀬戸のためになる
瀬戸市倫理法人会 会長 成田 一成