セミナーの様子、報告

第61回 モーニングセミナー 開催報告


■日時 : 2008年11月19日(水) 開催
■場所 : 成田製陶所

セミナーの様子、報告今回は「会員スピーチ」です。でも、久しぶりに会長が出席され、出張中の旅行での様子を会長挨拶でされました。異質の人の集まり、非日常の状況は当然のようにいろんな問題が起きてきます。女房に「俺を怒らすことは言うなよ」と念を押すところなんかは、さすがです。もちろんいろいろ起こってくる想定外の問題が、旅の楽しみや、思い出になってくることは皆さんが経験していらっしゃることでしょう。その時に「叱らなければならない立場」「怒ってはいけない立場」をわきまえて行動することは、全行程をとどこおりなく遂行するのに必要な理性ですね。「問題のない会社はない。問題のない家庭はない。それにどう取組むかが問題です。それにはこの倫理の 万人幸福の栞 の教えに基いていくと解決しやすいので、学んでいきましょう」会長の強い思いを感じます。
トヨタL&Fの長瀬さん、時間が少なくて申し訳ありませんでした。私達は、常識であるとか社会通念とか、暗黙の了解といった今まで通用していた前提事項を、再度確認し、より具体的に伝達していくことを気付かせていただきました。自分が行動をとる8時間前までには飲酒を止めていなければならないことを指摘され 昨夜のことにドキンとしたのは私だけではないでしょうね。さすがに管理職をしっかりと務めていらっしゃるだけあってしっかりと分析できたスピーチです。「メラビアンの法則(情報の伝達は93%が態度や表情で伝わる)」を私達は教えていただきました。「やる気、元気、本気、人気」を意識して明るく仲よく行動しましょう。
スズカの鈴木さんも時間不足ですみません。「健全なる精神は、健全なる肉体に宿る」クラーク博士でしたっけ?まさにそんな考え方でしょうか。真正面から真剣勝負で生きている鈴木さんの生き様に感動しました。人より優れたものを生かし、遠慮しなくていい状況はきっとイキイキと生きている状況で本人も気持ちがいいのでしょうがそれが本人の高慢につながり、新しい場所での「はなつまみもの」そして苦悩、それが新しい展開につながる。これって苦難副門かな。人は成長するんですね。
瀬戸大同の加藤は、少し予告でした 12月にナイトセミナーでお時間を頂戴しています。
みなさんお楽しみに!

今回は19社22名のご参加でした。

次回は11月26日(水)6:00〜7:00 成田製陶所 食堂
伊藤 保徳副会長の「日々感じること」

100人の経営者が真剣に取組めば、きっと瀬戸のためになる
瀬戸市倫理法人会 会長 成田 一成

追伸
伊藤副会長ブログ1000回記念祝賀会(11/29)に参加をお願いします。