セミナーの様子、報告

第54回 モーニングセミナー 開催報告


■日時 : 2008年9月24日 開催
■場所 : 成田製陶所

セミナーの様子、報告みなさん、今回のモーニングセミナー「ケースから見る労使トラブル」どのようにお聞きになりましたか?社会保険労務士として、実際の労使問題に直面し、その問題の難しさや、根の深さを実感していらっしゃる 横井寿史先生にお話いただきました。
5つのケースどれもがひょっとすると自分の会社の実情に合致しませんか?お聞きしていて、自分の会社にこのような問題が表面化しないのは、単に偶然のラッキーに恵まれたいるだけに過ぎないかもしれませんね。
今日の講話の中で、企業経営者として、社員との良好な人間関係作りに益々精進しなければならない。
経営者として、自社の「就業規則」を再点検して、良質な社員と良好な関係を保持する努力をいていかなければいけない。
自社で起きた過去の「労使トラブル」を風化させず、記録し継承していかなければいけない。
トラブルが起きた時に、専門家のアドバイスが受けられるようにしておかなければならない。
以上の事を考えさせていただきました。
尚、本日は成田会長から新役員さんへ辞令交付されました。

今回の出席は27社30名でした
次週10月1日(水)6:00〜7:00 成田製陶所食堂
会員スピーチです テーマは「苦難福門」
仲川さん 浅岡さん 尾関さん よろしくお願いします
100人の経営者が真剣に取組めば、きっと瀬戸のためになる
瀬戸市倫理法人会 会長 成田 一成