セミナーの様子、報告

交流会&第52回 モーニングセミナー 開催報告


■日時 : 2008年9月3日 開催
■場所 : 成田製陶所

セミナーの様子、報告新年度が始まりました。今年度から大きく変わることがあります。
1.単独で事務局を持ちます。
2.ホームページを作り、皆さんに見ていただけるようにしました。
3.運営は役員を、4グループに分け3ヶ月を企画運営します。
以上を通して皆さんにより魅力ある倫理法人会にバージョンアップしてまいります。
昨夜はホームページ゙のデモンストレーションを行い新体制での企画運営を説明しながら、皆さんと和気藹々と語り合いました。
※昨夜見たホームページ゙はhttp://www.setorinri.jpで見ることができます。ただし、キーワード検索による「瀬戸市倫理法人会」と入力してヒットしてくるまでインターネットの特性上、約2〜3週間かかります。
会員交流会は、会員相互がより知り合っていくことをテーマにいっしょに飲んで、語り合います。基本的には奇数月に開催します。偶数月はナイトセミナーです。魅力ある「凄い奴」を講師に、勉強します。
毎週水曜日6:00〜7:00 成田製陶所 食堂でモーニングセミナーを、実施します。

第52回のモーニングセミナーは皆さんご期待の、伊藤保徳副会長による月1回の講話でした。
「地域での活動」のテーマでお話いただきましたが、話は8代将軍徳川吉宗の提唱した「恕」、米沢藩中興の上杉鷹山の「自助、共助、扶助」に及び、わが瀬戸市における「自助、共助、公助」の意味合いと、地域住民の基本的態度を実例を交えてお話いただきました。
私たちは、自分の住む地域へのかかわりがあまりにも消極的ではないでしょうか?
要は、心がけ、飛び込む勇気を出してかかわってみると、違う自分が見え、自分を変えていくことがで着ます。そして、ひとつの事を一生懸命に続けていくと、必ず成果が現れ、自分の周りに「師」を見出せると教えていただきました。
いつもながら、深い心にしみるお話でした。