セミナーの様子、報告

第231回 モーニングセミナー レポート
日付 平成24年7月25日(水) 講話者 伊藤 保徳 副会長
テーマ 「日々感じること 」
コメント

本日は、伊藤保徳副会長の『日々感じること』。
月刊誌「致知」7月号より「将の資格」を題材としての講話でした。
イントロでは「いじめ問題」と「原発問題」について独自の考え方をお話し頂きました。
どちらも「リスクアセスメント(危機評価)」が必要であると。事の重大さを認め分析し、
食い止めることが大事である。本題では【修身】、【自分のいる場を高める】、
【君子時中す】が将の資格に要する事であると。即ち「人の喜びは我が喜び」という思いで、
行くべき先をしっかり考え、様々な変化に適応していかなければならない。そして周りの者は
「将」のもと、全員が「気を合わせる」ことが重要で、今後の瀬戸市倫理法人会の進むべき道が
見えてきた様な気がします。

参加社数 23社 参加人数 29人

232回モーニングセミナー

日時 8月 1日(水) 6:00〜7:00
場所 成田製陶所 食堂
テーマ 「疾病信号」
講話者 会員スピーチ