セミナーの様子、報告

ナイトセミナー 開催報告


■日時 : 2008年12月2日(火) 開催
■場所 : 成田製陶所

セミナーの様子、報告12月2日、瀬戸市倫理法人会ではナイトセミナーが開催されました。
講師は、春日井市倫理法人会会長の加藤太伸氏で、「倫理と私」というテーマで自身の赤裸々な生きざまを語っていただきました。
加藤氏は本年度より、春日井市倫理法人会の会長という要職にありますが、同時に我が瀬戸市倫理法人会の幹事を勤められており、倫理への取組みは並々ならぬものがあり、当会の倫友も敬意の眼差しを持って拝聴していました。
最も印象的な話は、講師の今までの人生経験の中での全ての出来事が「必然」であったと言うところで、このことをサラリと話されるところに大いに感心しました。
自身の生活の中で、嫌だとか、苦しいと思われたことは数多くあったようですが、それら全てが「成長」のための試練であったり、激励であった、との言葉は聞いている人に大きな衝撃を与えたことでしょう。
ともすれば、そうした「苦しさ」から逃れようとするのが常であり、どうしたらそんな境地になれるだろうかと思われたりしたのではないでしょうか。
それは父親の深い思いに気づき、感謝の気持ちになられたこと、そして身の回りの全てを受け入れるようになられたからだと思います。
このことは、自ら述懐されたように「倫理との出会い」によって心のありようが変化してきたのだと思いました。
会社の業績が、自身の倫理に取組む姿勢が深まるにつれて向上してきた、という説明は、決算数字に如実に表われていました。純粋倫理を学ぶ我々にとって、目標とする人が身近にいることは幸せなことです。
「実践」の重要性を感じるナイトセミナーでした。

100人の経営者が真剣に取組めば、きっと瀬戸のためになる
瀬戸市倫理法人会 会長 成田 一成